ブログ

2013年 2月 23日 【東進生にはおなじみ、高速基礎マスター講座!!】

はじめまして!ビジネススクール学生スタッフの大沢です!

今日は僕がめちゃくちゃ重宝している高速基礎マスター講座の活用法をお話したいと思います!

高速マスターの最大の利点といえば「お手軽さ」ですよね!

このお手軽さのおかげで、三日坊主の僕でも楽しく学習を続けられています。

ビジネススクールの高速マスターはTOEIC頻出の単語を厳選しています!

突然ですが・・・
「私たちはビジネスの問題に取り組まなければならない」を英語で言えますか?

答えはWe have to address a business issue. です。

addressに取り組むという意味があること、知ってましたか?

「addressは住所だろっ!」

最初は僕もそう思いました・・・。

このようにビジネス英語と受験英語では、単語は同じでも意味が異なるというケースが多々あります!

ビジネス英語では受験英語にはなかった新たな発見がたくさんあります!

新たな発見・・・皆さんわくわくしませんか?わくわくしますよね?

So let’s study Business English !!

ちなみにaddressには「向ける、呼ぶ、話しかける、演説をする」などたくさんの意味があります。

 

まずは高速マスターでわくわくしながらインプットをします。
次にわくわくしながら覚えた単語を、昨日のブログにも書かれていた、『東進USAオンライン講座』でアウトプットしましょう!

このインプットとアウトプットをバランス良く学習することで、本当に使える英語を身につけていきます!!

高速マスターを完全修得して、わくわくが薄れてきたら・・・
高速マスターでは単語の音声が流れます。
単語を見ずに音声だけでトレーニングしてみてください。
「え、こんな発音だったの!?」とまたわくわくすることができますよ!!

どうせ学習するなら楽しい方がいいですよね!
楽しい学習のために高速マスターぜひ活用してみてください!!

OSW

ご質問・お問い合わせは、下記までお気軽にご相談ください。

東進ビジネススクール新宿本部校
0120-104-375
bs-admin@nagasebros.com