ブログ

2013年 2月 25日 憧れの先輩のOGセミナーに参加しました!!

こんにちは!学生スタッフの新開です。

23日に、日本IBM 佐伯紋乃さんのOGセミナーに参加しました!!

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東進ハイスクールで厚木校担任助手、
ビジネススクールで学生スタッフとして勤めた後、
IBMに入社して、現在社会人1年目の佐伯さん。

就職活動を始めたきっかけや
IBMを選んだ理由を聞いて、

私は本当に心を打たれました!

今日はそのことについて話そうと思います。

まずは、佐伯さんが就職活動をやろうと決意したきっかけから…

なんと、就活のきっかけは、

あの、3.11の震災でした。

この日、佐伯さんは、なぜ自分は就職するのだろうと疑問を抱いて

台湾に1人旅行をしているところでした。

帰国するために行った空港のパネルには、

日本行の便に「closed」の文字。

そこで日本で起きている状況を知ったようです。

何とか帰国して羽田空港にたどり着いたとき、佐伯さんは

空港で徹夜で毛布や食料を配り続けている自分と同年代のグランドスタッフの女の子を見て、

その姿に感じるものがあり、働く意味について考えたそうです。

「自分にとって大切な日本のために何かしたい」

そう思って、帰国後、佐伯さんは就職活動を始めました。

私はそれを聞いて鳥肌が立ちました。

自分がなぜ働かなければいけないのか、その理由を身を持って体験した佐伯さんには
説得力がありました。

私もただ漠然と、他人に貢献したい、という気持ちは以前から抱いていましたが、

佐伯さんのお話を聞いて、その漠然とした思いを、

日本を支えたい

というように、少し具体化して考えてみればいいんだと思えるようになりました!

 

そして2つ目のIBMを選んだ理由についてです。

「人生は一度きり」
だから様々なことにチャレンジする。

これがモットーの佐伯さん。

仕事を選ぶ際にも

「どうせなら自分がそれまで関わったことのない分野を職種とすることでその業界を
知ることができる!」

と、考えて、法学部出身でありながら、IT系の職種であるIBMを選んだそうです。

この考え方って素敵だと思いませんか?

人間誰しも自分が楽な道へと流されやすいもの。

自ら困難な道に突き進んで、

その上それを楽しんでいる姿は、

本当にかっこいい!!

私自身も、自分が知っている居心地の良い場所に留まりがちなタイプなので、

勇気を持ってチャレンジしてみなさい!

と、背中を押してもらえたような気がします!

 

佐伯さんという素敵な先輩に出会えて、

そのお人柄に触れられて、

私の考えの幅を大きく広げてもらえました!

佐伯さん、ためになるお話をありがとうございました!!

SNK