ブログ

2014年 7月 16日 2014年 7月 2日 OB・OGセミナー 滝田将也さんを迎えて

7月2日に東進ビジネススクール第1期生の滝田将也さん(総合商社勤務)を迎えてOB・OGセミナーを開催いたしました。
本日はセミナーに参加した大学生の生の声を御紹介いたします。

滝田さんは東進ビジネススクールの第一期生であるわけですが、
大学、そして東進ビジネススクールにおいて様々な事を吸収され、
世界で活躍しておられます。
参加者の皆さんは、その一言一言からエネルギーを受取り、振り返りシートに書ききれないほどのメッセージを頂きました。

それではご覧ください。

————————————————————————-
【期待以上に多くのことを吸収できた!!】
お話中、滝田さんの言葉づかいに注目すると、
「会社に~させてもらっている」「ありがたい」
というような、感謝の気持ちを表す表現がたくさんあり、その姿勢に感動した。
(慶應大学2年/男性)

【非常に刺激的、且つ貴重なお話】
自分の幅を広げるということは、私自身の最近の悩みでしたが
滝田さんのお話から答えを得ました。
興味を今まで持てなかった分野にこそ手を広げ、自分のバリューを高めたい。
(明治大学3年/女性)

【一つ一つの話がとても魅力的】
これを機に長期間の旅行、読める限り読書をしたいです!
将来に向けて日本人のバリューでもある「思いやり」や「人の立場に立って考える」
この二つを心がけて、相手を理解しようと心に留めて色々なことに挑戦していこうと思いました(慶應大学2年/女性)

【日本人のあるべき姿を考えさせられた】
「日本から仕事が消えていく」というお話を聞き焦りを感じました。
日本人の強み魅力を探し全面に押し出していく必要があるのだなと実感しました。
(東洋大学1年/男性)

【刺激をもらえる話ばかり】
伝えられるという成功体験、伝わらないという失敗体験など、
相手に話すことで感じる気持ちをこれから先、大切にしようと思いました。
(法政大学3年/男性)

【商社へ興味を持った】
ただ仕事として現地の人と関わるのではなく、
価値観、異文化などを理解して「心を通わせる」事をしている姿は「本当に活躍している社会人」
自分もそうなりたいと実感した。
(中央大学2年/男性)

【日本人であることのプレミアム】
言語を学ぶことを苦にせず、楽しんでおられるように見えました。
滝田さんのように楽しみながらグローバルに活躍されている姿をみると、
とても楽しく勇気が湧いてきました。
(上智大学2年/女性)

【自分のモチベーションにつながった】
滝田さんは失敗しても次につなげようとする姿勢を持っているところが素晴らしいと思いました。
滝田さんのようにプラスにとらえられるようになりたいです。
(明治大学2年/男性)

【グローバルな現場の”今”を感じられた】
社会人になって最初の出張で4億の負債になる可能性のある現場、
強いチャレンジ精神と積極性の必要な現場で働いたという事にとても衝撃を受けました。
(東京理科大学2年/男性)
————————————————————————-

ここに挙げた感想はほんの一部です。今回参加された大学生の気づきは大変大きく、
滝田さんと未来の自分の姿を重ねた参加者が大変多かったことが感想から強く伝わってきました。
今後も企業セミナーは続きます。引き続きの参加をお待ちしています。

次回は 

東進ビジネススクール 第2回企業セミナー
テーマ「百貨店で働く醍醐味とは」

株式会社 高島屋から能力開発・採用を担当されている川田隆之氏をお招きし、
ASEANを中心にグローバル展開を加速させている企業のお話しを通じて、
グローバル化が進む世界で働くとはどういうことか、社会で活躍するとはどういうことかについて考え、 今後の「学び」へのモチベーションを高める場です。
ぜひご参加ください。

▼開催日時 8/6(水) 19:00~21:00 (*5分前に着席完了)

参加希望多数の場合は、受付を早めに締め切る場合がございますことご了承ください。

【参加申込について】
東進ビジネススクール生は、学力POSのご案内をご参照ください。
一般大学生の方は、下記までお問い合わせください。
**************************
東進ビジネススクール新宿本部校
担当:宮出(ミヤデ)
0120-104-375
bs-admin@nagasebros.com
**************************

【ビジネス英語講座に関するお問い合わせ・資料請求はこちらから!】
┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★┃ http://www.toshin.com/bs/univ_english/form_new/?type=student
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━