TOEIC® トレーニング

受信力

実践トレーニング

2種類のオンラインテストで、圧倒的な質と量の英語に触れる! TOEIC® トレーニング

本番レベル&2種のテストで徹底的に演習を繰り返す

英語学習の大切なポイントは、質の良い英語に大量に触れること です。しかし、ただ読むだけ、聞くだけでは、なかなか効率が上がりません。そこで、TOEIC® LRテスト形式を繰り返し演習できるトレーニングを開講しました。「TOEIC® 本番レベル演習 120分版」と「TOEIC® 本番レベル演習 30分版」の2種類があります。

TOEIC® トレーニングの特長

  1. TOEIC® トレーニングの特長オンラインで自動採点
  2. 解答・解説が充実!
  3. 2種を目的別に使い分ける!
TOEIC®本番レベル演習 120分版

問題数200、制限時間120分で実施する、TOEIC® 本番と同じ形式、同じボリュームのテスト。学習の効果測定や、本番のTOEIC® LRテスト・IPテスト前の予行演習に最適。

TOEIC®本番レベル演習 30分版

問題数50、制限時間30分で実施する、TOEIC® 本番と同時形式で、ボリュームが1/4のテスト。英語に触れる量を増やし、毎日の英語学習の習慣化やトレーニングを行うことができる。

活用例
  • 週2回の30分版テストで演習量を増やす!
  • 月1回は120分版テストで力試し!

PICK UP!! 先輩が語る 私の英語学習法

「学ぶ」と「使う」、両方できるから力がつく!

6カ月の集中学習で TOEIC®LR 265点アップ 住田 智紀くん 東京大学 理科I類 2年

Q 大幅スコアアップの秘訣は?
面談で教えてもらった学習法を実践したことです。 おかげで、リスニング力が飛躍的に向上しました。 そして、面談で意識の高い仲間と出会えたことで、高いモチベーションを維持できたと思います。
Q TOEIC®LRは「受信力」のテストですが、「発信力」は?
「東進USAオンライン講座」を受講しています。会話の中で、アメリカの文化や流行っていることなども知れるので、非常に刺激的です。最近では、ネイティブスピーカーとの会話に臆することがなくなりましたね。英語は自分で使ってこそ向上するもの。東進の 『ビジネス英語講座』は、「学ぶ」と「使う」のどちらも揃っている講座だと感じています。
Q イベントにも参加しているそうですが、その感想は?
英文の資料を元に今後の経営戦略を考える「MBA流ケーススタディ講座」は、素晴らしい内容でした。A4で10枚以上にわたる英語文献をしっかり読み込むことは大変でしたが、新たな視点を得られたと思います。日本語と英語のプレゼンテーションの違いを実感できたことも、この講座でためになった点です。